黒いストッキングの魅力で

スライドの美学?

足(または足)の、「男性が見つける女性の理想的で、「生の足グループまたはストッキング・グループまたは議論は、年齢中展開されました。
しかし、たとえ私が「変形」へ行かなかったとしても、わずかに熱心なイメージがありました、そして、ストッキング・グループは生の足グループの健全性と比較すると圧迫されやすかったものでなければなりませんでした。
例えば「領域で絶対にあります」どこでまず第一にまとめられることの裸の皮膚とストッキング境界線美しさで人気があります、技術のなフェティシズムは別として、だはあります。
しかし、私が考えをひっくり返すかもしれないストッキングをはいた女の子の写真のコレクションとして魅力をまとめたものが、あります。 それは、「くろは、女の子をたたきます」(井上一真/オークラ出版)ということです。
ところで、男性の紳士淑女の皆さんはそれを知っているのが難しい場合があります、しかし、タイツとストッキングの違いは30人の否定者が通常、布(※番号が少ないように細い)の厚みの上にストッキングでそれの中でいるということを呼びます。
適度にこの半透明と「肉」を締めて、人にはむっちりを指示することに関しては、言い換えると、ストッキングは、裸の皮膚がタイツより透明であるということです。
ストッキングの美の線の人に従うふくよかな体つきのエロスが最も偉大であること魅力的です。
黒は言うまでもなく、より魅力的に女性を示す色がものであること。

ところで、私は、黒いストッキングが自分自身これに持ってくることを一つの「くろは、女の子をたたきます」こと中で輝かせるパーツを見つけたいです。
最初は、それはひざとかかと(「不可欠な足首のような少しを差し出した一部。)です 私が時間通りに座ったペタンとその人の足を組んで椅子に座った手摺りで床に座ったとき、私が全体でしゃがんだときストッキングが時間を含む体の動きに引かれるので、「半透明」は完全に変わります。
私は、裸の皮膚とストッキングの色の変更を楽しむことができます。
日常生活で、私はゆっくり、そして、慎重に、女性のそのような像を観察することができません、そして、それは正しく、また別のときに新たに誓約書を出しているエロチシズムさをのような感覚ですか?
そのうえ、ストッキング傾向に予想外の人気を誇りに思うことは、つま先一部です。
つま先から透明である明るい赤のペディキュアに驚く人ときつく締められるストッキングがなければなりません。
つま先一部が破れないように、薄手のストッキングはしばしば補強されます、しかし、わずかに厚くなった部分との対照が耐えられない多くの人々がいます。
そのうえ、私はつま先の部分を引くかもしれません、女の子たとえ体がそれがいつすべり落ちるかについて覚えているとしても、ストッキングを着ます、そして、違和感があります。
少しだけ型締することから自由にされるジェスチャーと指先は、わずかにエロチックに見えます。

しかし、結局、離陸することができないことは、臀部円周です。
女性のムチッと私がした腿ときつく丸い臀部を締めている黒いストッキングは、足の形を明らかに靴下のない足よりきちんと上がらせました。
そのほかに、下着が薄手のストッキングから透明である国はよいです、男性がスカートによって見られることができない部分で刺激される有色人種、現れている腿の変化一部の違いは普通の時代です。
私がすぐ釘で掻く時が伝線する頼みにならない薄さ。
しかし、官能性はそこだけによる裸の皮膚より、1個の違いであることを上げます。
生の足グループにストッキング・グループは言うまでもなく必ず読んで欲しくなっている1冊の本の「くろは、女の子をたたきます」。
通常会社の中にいる女性従業員のストッキング像に慣れる紳士が手でこの本をとるので、それがストッキングとあなたがオフィスで女性に会うときはいつでも、あなたが新しい感覚であると感じる缶の魅力に調和しておそらく? … 。